top of page
Vol15Facebook.jpg
アンカー 1

2022年。15回目のおうさか学生演劇祭が始まります。

全国で一番長く続く学生演劇祭です。

今年も個性的な学生劇団が揃いました。

 

脚本・演出・出演そして裏方まで全部自分たちのチカラで開催します。

20代前半が今思う素直な思いが表現されている作品。
 

3会場6劇団のパワフルステージを是非、ご覧ください。

Vol.15ロゴ_kuro.png
LINE UP
LINE UP

1st Week 2/21-27

1000500_アートボード 1_3.png
1000500_アートボード 1_6.png

2nd Week 3/1-6

1000500_アートボード 1_2.png
1000500_アートボード 1_4.png
1000500_アートボード 1.png
1000500_アートボード 1_5.png
感染予防
TAAAA
SPACE_rogo_s.jpg
VVpORfUl_400x400.jpg
1000500_アートボード 1_3.png

※配信はありません

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2

大阪芸術大学​

TAAAA Company(タァカンパニー)

​「無くなったイス」

【日時】

2月21日(月)             18:30
   22日(火) 13:00 / 18:00
   23日(水) 13:00

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【上演時間】約50分

​【会場】SPACE9 06-6622-8802(呼:近鉄アート館) (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階)

【作】池田A

【出演】秦A、横山A、福田T、萩森A
【スタッフ】舞台監督・映像:福田T、演出・会計:横山A、照明:池田A、音響:井関Y、衣装小道具:萩森A、美術・広報:秦A
【料金】
予約500円、学生当日500円(要学生証)、一般当日700円 ※配信はありません

【チケットご予約・お問合せ】taaaa.company.717@gmail.com
 Twitter @Taaaa_Co

 

【劇団紹介】

演劇がやりたい!その気持ちだけで集まった五人組です。
賞などに関係なく、自分たちがやりたい舞台をそのままお客さんに届けたいと考えています。
やる気だけはどの劇団にも負けないです!

【あらすじ】

家族は、当たり前の存在、心休まる場所、感じ方はひとそれぞれ。 
でも、いつかはいなくなる存在。ふとした時に気が付くそれの大切さ。
そのことに気がつくのはいつになるのか。もしかしたら遅すぎるかもしれない。 

脳殺定理
akaru_rogo.jpg
1000500_アートボード 1_6.png

アカル塾​

劇団脳殺定理

​「黒使」

【日時】

2月25日(金)※2/25(金)と26(土)13時は中止となりました
         26日(土)                16:00 / 19:00

         27日(日) 13:00 / 16:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【上演時間】約100分

​【会場】アカルスタジオ 06-6644-6839 (大阪市浪速区湊町1-3-1湊町リバープレイス1F)

【脚本・演出】木村僚汰(劇団脳殺定理/劇団光合聲)
【出演】石原将基 河野風真 小寺亮輔(以上 劇団脳殺定理)

飯尾優理 奥野里紗 鎌田朱里 小谷奏絵 高森美沙 平地奎太朗 宮谷啓世 SHINO(以上 アカル塾)

九條ひなた(劇団光合聲) 福井拓郎(劇団光合聲) 東風東 小山栄華(アナグマの脱却座) 西岡克起 ハブられメタル(劇団万絵巻)etc

【スタッフ】演出補佐:いくたろう(劇団脳殺定理/劇団光合聲) 舞台監督:田中天音 舞台美術:諏訪華奈子 照明:深川大悟 音響:安岡侑香 宣伝美術:小林秋人、杏仁アニー(劇団ちゃうかちゃわん) 制作  網本健吾
【料金】
一般予約2,500円 学生予約2,000円 三人割:6,500円
一般当日
3,000円 学生当日2,300円 

配信2,000円

【チケット取扱い】CoRich舞台芸術!

【チケットご予約・お問合せ】engeki.nousatuteri@gmail.com
 Twitter @NosatuOfficial

 

【劇団紹介】

2019年の京都学生演劇祭に出場のため発足した団体。
アカル塾とのコラボとして再結集。
作品は劇団光合聲#1の再演。
2年半ぶりに脳殺定理が動き出します。

【あらすじ】

犯罪大国になり酷使されてしまう警察官。
ある時、1つの殺人事件が起こる。
これがきっかけで警察官を巻き込む事件に発展…

3つの正義をかけて論争が起こる。

果たして正しい正義へ進むことができるのか?

そもそも正義とは?

A3hqYNki_400x400.jpg

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2
わっしょい
SPACE_rogo_s.jpg
L0vyf4Us_400x400.jpg
1000500_アートボード 1_2.png

中止となりました。

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2

追手門学院大学

演劇ユニットわっしょい

​「熱海殺人事件 売春捜査官」

【日時】

2月25日(金)             18:00
     26日(土) 13:00 / 17
:00

         27日(日) 13:00/ 17:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【上演時間】約100分

​【会場】SPACE9 06-6622-8802(呼:近鉄アート館) (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階)

【作】つかこうへい 【演出】豊島将己
【出演】石橋凜 池田駿介 天知翔太 豊島将己
【スタッフ】舞台監督:林凜太郎(演劇ユニット孤独氏) 演出助手:池田駿介 舞台美術:林凜太郎(演劇ユニット孤独氏) 小道具:池田駿介 音響:野沢森太郎 照明:川島武士 
制作:村田瞳子(はちの巣座) 企画・製作:演劇ユニットわっしょい

【料金】一般予約2,000円 高校生以下予約1,500円 当日は+500円

【チケット取扱い】カルテットオンライン
【お問合せ】wassyoi2022@gmail.com
 Twitter @wassyoi2022

 

【劇団紹介】

2021年2月に追手門学院大学舞台表現プロジェクトSTEPOBの豊島が高校生の頃より思案していた故つかこうへい氏の熱海殺人事件の創作を目的に旗揚げした演劇団体。
つかこうへい作品をお借りして強者の生きづらさ、弱者が強く生きる力を描き出す。

【あらすじ】

女性捜査官として警視庁で勤務する木村伝兵衛部長が担当するのは熱海の海岸で五島神島出身の山口アイ子が幼馴染の大山金太郎に絞殺された三流事件。
こらを一流事件にすべく部下の戸田万平と、かつての恋人の熊田留吉と事件の真相を暴いていく。

竜人世界
ZAZA_rogo_s.jpg
竜人世界.jpg
1000500_アートボード 1_4.png

中止となりました。

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2

咲くやこの花高校OB

劇団 竜人世界

​「全力青春クラブ♣」

【日時】

3月1日(火) 14:00 / 19:00

     2日(水) 12:00 / 16:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【上演時間】約80分

​【会場】道頓堀ZAZA HOUSE 06-6212-3005 (大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル地下1階)

【作・演出】栗山拓
【出演】田中陽太 栗山拓 吉村佳祐 全咲愛 磯部凜佳 大原瑠夏 下畦芽玖 木築理冴 熊谷帆夏 上田鈴夏 松田拓士 鹿内壱 金城楓太 野呂果乃莉 後藤卓也 上田朋佳 船橋輝人

【スタッフ】照明:長谷川一愛 舞台美術:ENDO(ENDO工房) 音響:森翔太 舞台監督:藤原玲百菜 激中歌作曲:洋梨
【料金】
大人3,000円 高校生以下2,000円
配信1,500円

【チケット取扱い】CoRich舞台芸術!
【お問合せ】dragon.human.world21@gmail.com

 Twitter @dragonmansworld

 

【劇団紹介】

咲くやこの花高等学校 演劇科卒業生を創立メンバーとして中心に旗揚げ。
「見る人の明日を手助けすると共に、演劇を追及するために演劇新世代を切り拓く」をモットーに活動。
他大学との交流も目的の一つである。

【あらすじ】

「もし自殺しそうな生徒が這い上がれる出来事があったら」をテーマにして、とある高校の男子生徒(晃太)が自殺を決意するが、ひょんなことから周りの環境が激変し、徐々に生きる意味を見出していく青春群像劇。

いぇにちぇり
SPACE_rogo_s.jpg
J5LUiWJB_400x400.jpg
1000500_アートボード 1.png

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2

大阪芸術大学​

いぇにちぇり

​「アイビー」

【日時】

3月1日(火)               17:00
      2日(水) 12:00/ 16:00
※日時変更になりました

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【上演時間】約90分

​【会場】SPACE9 06-6622-8802(呼:近鉄アート館) (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階)

【脚本秋葉雄太 【演出】伏井舞美 【演出補佐】秋葉雄太
【出演】秋葉雄太 有本未咲樹 榎本壮 大内山力 桶本京香 立野広樹 康本美憂
【スタッフ】舞台監督 伏井舞美、演出助手:四方陶子 山本萌々香、音響 赤壁樹  曽里和花、照明:松本龍門、制作 榎本壮 桶本京香 吉川達也
【料金】
前売2,000円 当日2,500円
※配信はありません

【チケット取扱い】CoRich舞台芸術!

【チケットご予約・お問合せ】janissaries.tatsu@gmail.com
 Twitter @Yeniceri0315

 

【劇団紹介】

大阪芸術大学舞台芸術学科三回生を中心とした演劇団体。
自分たちが今、どれだけ挑戦出来るのかを基本理念とし、新たな知見を得られる演劇を目標としている。

【あらすじ】

「ねぇ、知ってる?人は一生のうちに16回殺人鬼とすれ違うんだって。」
正体不明の連続殺人鬼、通称IVY(アイビー)多くの謎に包まれたアイビーとはいったい何者なのか、人を殺めるその理由とは!

ポケット企画
akaru_rogo.jpg
5mmZLxXJ_400x400.jpg
1000500_アートボード 1_5.png

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2

どさんこ
ポケット企画 × あづき398 コラボ公演(第6回全国学生演劇祭 最優秀賞受賞劇団)

​「ゆうむすぶ星」

【日時】

3月4日(金)   19:00
  5日(土) 13:00 / 17:00

         6日(日) 13:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【上演時間】約80分

【会場】アカルスタジオ 06-6644-6839 (大阪市浪速区湊町1-3-1湊町リバープレイス1F)

【作】中野葉月(あづき398) 【演出】三瓶竜大(ポケット企画/劇団清水企画)
【出演】三瓶竜大(ポケット企画/劇団清水企画) さとうともこ(ポケット企画/トランク機械シアター) 吉田侑樹(ポケット企画) 中野葉月(あづき398) 田中雪葉(あづき398) 成田愛花(あづき398/noisieeeee ⇄ project/Mathilda) 斎藤明日香 山下愛生 きくぞう
【スタッフ】制作:藤川駿佑(ポケット企画) 音楽:藤川駿佑(ポケット企画) 音響:泰地輝、藤川駿佑(ポケット企画) 照明:手嶋浩二朗、中田遥 舞台美術:三瓶竜大(ポケット企画/劇団清水企画)、泰地輝 宣伝美術:きくぞう、中野葉月(あづき398)、藤川駿佑(ポケット企画) エンタメトレーナー:河野千晶
【料金】
一般2,500円 U-25 2,000円(要学生証) 高校生以下500円(要学生証)

【チケット取扱い】CoRich舞台芸術!

【お問合せ】contact@pocket-kikaku.com
 Twitter @pocket_kikaku

 

【劇団紹介】

ポケット企画は主に演劇を上演するための企画団体です。
2018年11月から“ポケットに入れて持ち運べる”をテーマに札幌で活動しています。
日常のままならなさを描いた会話劇を中心に、社会問題を取り上げた作品や、不条理な笑いのある作品、
古典やモチーフのある作品への挑戦と、実験や研究を繰り返しながら作品を上演。
抜け出せない“今”を生演奏や身体表現を用いてありのままに表現し、札幌演劇では珍しい世界観で支持を得ています。
小樽や岩手などの地方公演も経験し、時期場所問わず公演を重ねてきました。

【あらすじ】

ここ、そこ、あそこ どこにいるのか、えらんでむすんで
秋香る銀河鉄道、時をめぐって星めぐり
きみとぼく、ここにいる
あの日の横顔、いつかの記憶が隣にいる どうかこのままはなさないで
近くて遠い貴方に向けて、祈りを込めて

​審査員

審査員