おうさか学生演劇祭 × 劇団壱劇屋 × 一心寺シアター倶楽 協同プロデュース

2018.9.27-30

おーい 時代よ、歴史よ

もっと早う動け

羽をひろげて

​早うわしのところへ飛んできいや

かつて、この広い世の中にたったひとつだけ

優しい人の心で国を治め

殺し合ったり、傷つけ合ったりするのが嫌で、

滅んでしまった国があったと・・・

男だったらよ

それでえんじゃろうがよ

フリーの世の中になったら、

僕のような奴でも、いっちゃんのこと、

好きになってもいいんですよね

八重は・・・、夢を見るのが怖いんだ。。。

確か、来月の十五日はあんおひとの誕生日でごわしたな・・・

では、その日にしもんそ

この世の中には人間はふた通りしかあらしまへん。

夢を見てもええ人間と、

夢を見てはいけない人間どす

坂本が・・・殺されるぞ!

 

2018年9月27日(木)~9月30日(日)

おうさか学生演劇祭 × 劇団壱劇屋 × 一心寺シアター倶楽 協同プロデュース公演

「さよなら竜馬」

脚本:マキノノゾミ

脚色・演出:大熊隆太郎(劇団壱劇屋)

一心寺シアター倶楽

 
 

Introduction

同志社大学 第三劇場OBのキムラ緑子三上市朗林英世小市慢太郎など舞台や映像で活躍する名優たちを輩出した劇団M.O.P.
同劇団が1990年に上演したのが「HAPPYMAN3 さよなら竜馬」。会場は
大阪梅田阪急ファイブ・オレンジルーム

この28年前の作品を「おうさか学生演劇祭」初プロデュース公演として上演。
オープニングからラストまで全編見せ場!

竜馬を中心とする幕末激動の時代を生きた熱き男たちと、それを優しく見守る女たちの台詞一つ一つが心に刺さる、涙と笑いと感動の物語。

名作と言われたこの作品を今関西で最も精力的に公演を重ねる「劇団壱劇屋」の全面協力の下、当時と同じ20代中心のキャスティングで

28年前を超える最高傑作してお届けします

会場はおうさか学生演劇祭・始まりの地「一心寺シアター倶楽」。

必ずやこの作品、そしてここに出演する若者たちの演技に心奪われることでしょう!

ご来場お待ちしております。

おうさか学生演劇祭プロデューサー 藤原治基

あらすじ


寛永六年(1853年)黒船が来航。それまで鎖国していた江戸幕府は、外国の力に恐れをなしてあっさり開国。
そんな及び腰の幕府に危機感を持った各地の武士たちが
京都に集結
天皇に直談判するためです。この対幕府運動が
尊皇攘夷(そんのうじょうい)
今回登場する
西郷隆盛大久保一蔵桂小五郎などはその人たち。

 

この攘夷派を取り締まるのが、田舎侍の集まりの新撰組
鬼の副長
土方歳三、1番隊隊長沖田総司など。

さらに取り締まりを強化するべく、集められたのが幕府直轄エリート集団の見廻組
組頭は
佐々木唯三郎

 

そんな国内外がソワソワした幕末に、攘夷派を束ねて新しい時代を作ろうと奔走していたのが坂本竜馬

同郷の中岡慎太郎は単細胞で喧嘩っ早い。桂は愚痴ばかりの引っ込み思案。そして西郷は⁉

さあ、幕末最強の仲間たちと、激動の時代を突き進み、LOVE&PEACE全開の娯楽時代劇が始まる。

 

​脚本

マキノノゾミ

1984年、同志社大学 第三劇場のOBを中心に「劇団M.O.P.」を旗揚げ。キムラ緑子、三上市朗、林英世、小市慢太郎らを輩出。当初はつかこうへい作品を上演していたが1989年「HAPPYMAN」シリーズからオリジナル作品を手掛ける。2010年、M.O.P.解散後も作・演出家として数多くの作品を手掛ける。 2002年NHK連続テレビ小説「まんてん」脚本 2016年堤幸彦監督作品映画「真田十勇士」脚本 2018年日本テレビ開局65年記念舞台「魔界転生」脚本。

​脚色・演出

大熊隆太郎

劇団壱劇屋

2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバー結成した劇団壱劇屋の座長。脚本・演出・役者もこなし、マイム表現を混合した演劇作品をつくる。

外部での出演も多く、役者としてはノンバーバルロングラン公演中の「ギア」や。演出家としては劇団壱劇屋の本公演の他、メイシアタープロデュース、アカルスタジオにて演出を務める。

Schedule

2018年9月27日(木)~9月30日(日)

おうさか学生演劇祭×劇団壱劇屋×一心寺シアター倶楽 協同プロデュース公演

「さよなら竜馬」

脚本:マキノノゾミ

脚色・演出:大熊隆太郎(劇団壱劇屋)

日時:

9月27日(木)14:00 19:00

9月28日(金)14:00 19:00

9月29日(土)14:00 19:00

9月30日(日)14:00

受付は開演の60分前、開場は開演の30分前

 

会場:一心寺シアター倶楽

〒543-0062   大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F

TEL:06-6774-4002

Cast

田中穂先(柿喰う客) 福冨宝(劇想からまわりえっちゃん)

小林嵩平 岡村圭輔 井立天 柏木明日香 湯浅春枝 高安智美(以上 劇団壱劇屋)

おがわひろと 梶原汰一 川崎千潤 国本クイナ こやまももか 斉藤ひかり 酒井未波 シーサー裕富 丈野瑞歩 神道拓也 中川誠志郎 永尾圭司 松尾諒 松田翔 涼月優香

Staff

舞台監督:hige(BS-Ⅱ) 音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具) 照明:岩元さやか(campana)

殺陣:劇団壱劇屋 殺陣指導協力:小坂和雄(たてびと) 衣装協力:真紅組・本若 方言指導(土佐弁):キャンディー(華舞衆 彩り華) 

方言指導(薩摩弁):小倉さや可 所作指導:新免誠也 相撲指導:阿賀信明

映像撮影:飯阪宗麻(NOLCA SOLCA Film)スチール撮影:河西沙織(劇団壱劇屋)

イラスト提供:石渡治 宣伝美術:立花裕介

制作:渡辺大(Limited_Spice)森山博仁

協力:有限会社オフィス・マキノ ゴーチ・ブラザーズ Real Yellow Unit ヒューマンアカデミー 関西大学 学園座 大谷大学 劇団蒲団座 劇団黄色団  甲南大学 甲南一座 覇王樹座 同志社大学演劇集団Q 株式会社エーライツ 日本写真映像専門学校 門真市民文化会館ルミエールホール アカルスタジオ 西川純

プロデューサー:藤原治基

大阪市助成公演​

主催・お問合せ:

おうさか学生演劇祭実行委員会

TEL:050-5876-4815

MAIL:hop.since2013@gmail.com

Tickets

【料金】

一般前売 3,000円 一般当日 3,500円

学生前売 2,000円 学生当日 2,500円
(全席自由 日時指定券)未就学児童入場不可

【チケット取り扱い】
チケットぴあ <Pコード:487-539>  0570-02-9999

カンフェティ<キャスト応援チケットあり> 0120-240-540(平日10:00~18:00)

※ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。

※お電話でのご予約の場合は、会員登録は不要です。


CoRichi舞台芸術!  <キャスト応援チケット予約はこちらから>

※ご予約のみ

​すべてはここからはじまった

Everything started here.

2008年2月、学生演劇祭最初の年。私は衝撃を受けた。

東京の学生演劇はこんなにもレベルが高いのかと。
それが慶應義塾大学 創造工房 in front of.

作・演出は松居大悟。劇団「ゴジゲン」の作・演出だ。
あれから10年。久々に観た彼らの芝居は10年前と変わらず、ピュアで愛くるしく楽しかった。

この10年で2,000人にも上るOB・OGたちを輩出。

​もちろん、関西からも実力派と呼ばれる若者たちが育っています。いつか彼らと共に作品を作りたい。

その思いがようやく実現します!

 
 
 
 

Production assistant

HP用最新_25.jpg

Rin Suzumine

HP用最新_27.jpg

Haruka Tanaka

HP用最新_26.jpg

Tomone Katayama

© 2015 by ou-saka student theater festival. Proudly created with Wix.com
 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

おうさか学生演劇祭 official homepage

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now